自分でも情報をチェック

トラック

納得して購入するために

アルミウィングは積載スペースをアルミの箱で囲んでいるため、雨や強風などから荷物を守ることができるため長距離の輸送に使われることが多いです。大きさも2トン、4トン、10トンなど小型から大型までさまざまな種類がありますが、中古販売でどういったところに気をつければよいのか、ポイントをいくつか紹介していきます。中古のアルミウィングは、新品のものに比べるとエンジンの性能などに少し差がありますが、安い価格で購入できるというメリットがあります。どのような目的で使いたいのかをはっきりさせてからサイズなどを選んでください。最近はインターネットを介して販売を行っている業者も増えています。型式や走行距離といった条件から手軽に探すことも可能ですが、走行距離が短いものでもしっかりとしたメンテナンスをしていないものはトラブルを抱えているかもしれません。希望のアルミウィングが見つかったときは、信頼できる販売業者かどうか実際に足を運んでみるのもオススメです。中古のトラックでも、きちんと点検を受けていれば30万キロメートル以上走ることが可能と言われています。定期点検整備記録簿には法定点検を行った内容が記録されているので、過去の整備の記録や消耗部品の交換時期などを知ることができます。アルミウィングを購入するときは、定期点検整備記録簿を見せてもらって確認しましょう。なお、タイヤの状態も重要なポイントですが、リコールされているものではないか、リコール情報も調べてみてください。

Copyright© 2017 物流業を開業しよう|中古のアルミウィング車を利用してコストダウン All Rights Reserved.