頭に花を付けている女性

治そう

パソコンと医師

眼瞼下垂の治療費と治療法

眼瞼下垂は加齢やコンタクトレンズの長期使用などなどにより、瞼が通常より垂れ下がっている状態を指します。初期の段階では特に自覚症状はありませんが、だんだん症状が進むと視界が悪くなります。そのため必要以上に目を大きく開こうとしておでこや眉間にシワが出たり、筋肉が緊張して頭痛や肩こりを引きおこします。このよう状態になると日常生活に支障をきたすので、健康保険を使って手術が可能になります。保険適用になるかどうかは医師の判断によりますが、上の瞼が瞳孔付近まで垂れ下がっているような場合は保険適用になります。費用は両目で5万円前後です。手術法は目元の状態によって異なりますが、まぶたの裏の結膜を縫い縮める方法が一般的です。

医師による保険適用判断の変遷

眼瞼下垂の手術をするときは、あらかじめ健康保険が使える施設かどうか確認しておくことが大切です。一部の美容外科では自由診療になる可能性があり、その場合の費用は30万円ほどかかります。 最近では保険が使えるかどうかの基準も変わってきており、保険適用は総合的な判断となります。以前は上の瞼が瞳孔を完全に覆っているのが保険適用の条件でした。しかし、額のシワや目の上のくぼみ、頭痛や肩こりなども眼瞼下垂の特有症状ということが判ってきたため、これらの症状を含めた判断が主流となってきたのです。また、眼瞼下垂の手術にかかった費用を生命保険でカバーできる場合もありますので、加入時の資料を良く調べてみることをお勧めします。